ジャックポットで一攫千金

ジャックポットはオンラインスロットにしかない?パチスロとの違いとは?

オンラインスロットのジャックポットとパチスロの違いとは?

パチスロとジャックポットの違い

オンライン上でプレイできる「オンラインスロット」が存在していて、オンラインスロットには「ジャックポット」があります。

日本のパチンコ店でプレイする「パチスロ」がありますが、どこが違うのか気になる人は多いと思います。

そこで今回は、オンラインスロットとパチスロの違いやジャックポットについて解説していきたいと思います。

オンラインスロットとパチスロの違いは2つ!

違いは二つ

オンラインスロットとパチスロの違いは二つあります。

違い①勝利金の大きさ

オンラインスロットとパチスロの最も大きな違いは、動く金額の大きさです。
パチスロでは1日プレイしてたくさん勝っても15万〜20万円くらいが限界になります。

これに対してオンラインスロットでは、一回で数十万円〜数百万円獲得することができます。

またオンラインスロットには、ジャックポットと呼ばれる大当たりがあるので、これが当たった場合には数百万〜数億円もの勝利金が手に入る可能性があります。

違い②ルールの簡単さ

ルールの簡単さも違います。

パチスロはルールが複雑です。

最近はルールが複雑になってきていて、当たりやすいゲーム数があったり、「何回転回せば当たる」という当たりやすい回数があったりして、勝つためには様々な知識が必要になります。

これに対してオンラインスロットはルールが簡単です。

パチスロのような複雑なルールはないので、知識がなく初心者でも勝てる可能性が十分にあります。

パチスロにはないジャックポットとは?!

オンラインスロットには 「ジャックポット」 という大当たりがあります。

「ジャックポット」というのは海外のカジノでよく使われる言葉で「大当たり」を意味する言葉です。

日本のパチスロにはない高額賞金の大当たりです。

オンラインスロットのジャックポットは 「プログレッシブ・ジャックポット」 というシステムが主流です。

「そんなの当たらないんじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、ジャックポットは頻繁に出ています。

オンラインスロットでは数万~数十万円のジャックポットが出ることは日常茶飯事です。

過去には日本人プレイヤーで高額賞金のジャックポットを当てたという人もいます。

ジャックポットの仕組み

このシステムの仕組みは、世界中のプレイヤーがオンラインスロットにベットした金額の一部が貯められていって、ジャックポットを当てたプレイヤーはそれまでに貯められていた賞金を全て獲得できるという仕組みになっています。

ジャックポットで貯められる金額はそれぞれのカジノ毎に貯められているのではなく、大元のソフトウェアが管理をしていてカジノ全体で貯められています。

そのためどのカジノからプレイをしてもカジノ全体で貯められた高額のジャックポットを獲得できるのです。

ジャックポットを狙って、ジャックポットの金額がたくさん貯まっているスロットをプレイするというのもおすすめです。

パチスロには絶対ない仕組みになっています。

パチスロにはないメリット

ジャックポットのメリット

オンラインスロットのボーナスの還元率はパチスロよりも高いです。

パチスロのボーナスの還元率は80%くらいとなっています。

パチスロのボーナスでは、基本的に設定が1~6までありそれぞれの設定によって還元率が設定されています。

例えば「機械割 100%」という良い台では、ベットした額の 100%の期待値が戻ってきます。

しかし機械割 100%は中でも良い台なので、全体で見ると80%くらいの還元率です。

これに対してオンラインスロットのボーナスの還元率は、94 %~ 98%となっています。

数字でみてわかるように、パチスロよりもオンラインスロットの方がたくさん還元していることがわかります。